柴犬がお散歩の途中で急にしゃがみこんでおチンチンをなめる!みるとウミがでてる?!

「さあ、散歩にでかけよう!」と外に出て歩き出したとたん、犬が座り込んで動きません。
なぜ?座り込んで、おチンチンをなめています。
引っ張っても、すぐにすわりこみ、全然あるきません。
これはどうしたことでしょう?

犬が自分のおチンチンをなめるのはどういう原因があるのでしょうか?

目   次
1.犬の症状の観察
2.犬の病院のかかり方と診察
3.原因は犬の包皮炎
スポンサーリンク


犬の症状の観察

お正月休み。いつものようにMOMOを散歩に連れて行くと、少し歩いたらすぐにおすわりをしてしゃがみこんで、自分のおチンチンをなめるのです。

「行くよ。」と引っ張って行こうにも、少し歩くとしゃがみこみ、自分のおチンチンをなめるのです。
これを何度も繰り返し、この日は全然歩こうとしないので、さすがに家に帰りました。
家に帰ってMOMOのおチンチンを見て触ってみると黄色いクリーム状のウミが出ました。しぼっても痛そうではありませんでしたが、とてもクサイニオイがしました。

犬の病院のかかり方と診察

これは大変と思い、お正月休みの動物病院の当番医をネットで検索して、電話をしてから病院に行きました。
病院につくと、まず受付で用紙に名前や住所、犬の年齢、症状などを記入しました。その間MOMOはおとなしく待っていました。
診察室に呼ばれると、
MOMOを抱き上げ、診察台にのせ、エサを目の前に見せながら、先生に診てもらいました。

お利口にじっと動かずに、診察してもらうことができたので、ご褒美のおやつをあげて、診察台から降りました。

原因は犬の包皮炎

診断結果は、犬の男の子にはよくある「包皮炎」ということで、包皮の内側の部分が細菌感染し、炎症をおこしていました。

もともと犬の包皮には「常在菌」がいるのですが、何らかの原因(局部に傷がついたり、ホルモンのバランスが崩れたり、過度のストレスなど)で「常在菌」のバランスが崩れたら起こるそうです。

治療には、洗浄することもあるそうですが、あまりひどくはないようなので、今回は抗生剤をもらって帰りました。

その後は順調に治り、翌日からは普通に散歩も出来ました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする