柴犬のノミやダニ対策!駆除薬フロントラインプラスの使い方と注意点

ノミやダニは愛犬の皮膚炎やアレルギーの原因になります。

また感染病の感染源にもなります。

そればかりか、飼い主の人にとっても、皮膚炎やアレルギーの原因、感染源の感染源にもなります。

愛犬のノミやダニの駆除は、愛犬と飼い主にとってとっても大切です。

目   次
1.ノミとダニの特徴と危険性
2.ノミやダニの駆除方法
3.フロントラインプラスの使い方と注意点
スポンサーリンク


ノミとダニの特徴と危険性

ノミ

これがノミです。

家の中にもいるんだけど、小さいからこんな風に見えない。

アップするとグロイ。

動物に寄生する寄生虫。たくさんの卵を産み、卵、幼虫、さなぎ、成虫と姿を変える。

成虫は約2~3㎜の大きさ。草や木にいる。家の中にもいる。

人や犬を刺すこともあり、皮膚炎やアレルギーの原因になる。条虫(サナダムシ)の媒介となることもある。

ダニ

これがダニです。

小さいからこんな風に見えない。これが、草の先っぽで、寄生する動物を待ってるっていうから怖い。

動物に寄生する寄生虫。たくさんの卵を産み、幼ダニ、若ダニ、成ダニと成長する。

成ダニで約2~3㎜の大きさ。血を吸うと100倍以上に膨らむ。おもに山や林、公園などの草や木にいる。

人や犬を刺すこともあり、皮膚炎やアレルギーの原因になる。バベシア病やヘモバルトネラ症の媒介となることもある。

犬バベシア病は、致死率が高く怖い病気。

ノミやダニの駆除方法

ノミやダニの駆除方法はいくつかあります。

・スポット製剤・・・月1回、犬のくびの後ろに滴下。

・スプレー・・・月1回、全身にスプレーする。

・飲み薬・・・月1回、錠剤を飲む。

・室内の清掃・・・こまめに掃除する。

momo は、かかりつけの動物病院からフロントラインプラスを処方してもらいました。

ネットで調べても、フロントラインプラスが、ノミにもダニにも効果が高く、簡単でもっとも効果的のようです。

フロントラインプラスの使い方

フロントラインプラスは、楽天やAMAZONのネットでも売っています。

犬用M 6本入りで6,000円ぐらい。

ネットでは安く買えますが、最初は動物病院に行くのが無難でしょう。

フロントラインプラスの薬液投与の方法は簡単です。

容器の先っぽを折って、犬の首の背中側に滴下するだけ。

ただし、犬がじっとしてくれるかがポイント

momo は、おとなしいので、一人で首輪をもって薬液を滴下できます。

活発で暴れる犬は、ちょっと大変かもしれませんね。

二人がかりで、一人は正面からおやつを持って犬の気をひき、もう一人は首輪をもって薬液を投与する方法ややったことあります。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする