柴犬の散歩中の上手なウンチ(糞)の取り方と処理方法!

散歩のときの愛犬のウンチの回収。

手や地面を汚さず、臭いも少なく、簡単 というのが理想。

ウンチ取りにはどんな方法がよいのでしょう?

目   次
1.ウンチ取りの方法を調べてみた
2.我が家の柴犬 momo のウンチ取りの方法
3.ウンチキャッチの課題
スポンサーリンク


ウンチ取りの方法を調べてみた

ネットで調べてみると、散歩中の犬のウンチの取り方には大きく
・ウンチをした後、落ちたウンチを拾う方法
・ウンチをしている時に、直接ウンチをキャッチする方法
があります。

それぞれいろいろなグッズが販売されています。

ウンチをした後、ウンチを拾う方法

・スコップやショベルタイプ
・手袋タイプ

ウンチをするときに、直接キャッチする方法

・虫取り網タイプ

我が家の柴犬 momo のウンチ取りの方法

これまで試したウンチ取りの方法

はじめは、スコップを使ってました。

一度地面に落ちたウンチをスコップで拾って、ポリ袋に入れてもって帰ります。

シンプルな方法ですが、問題点として、

・ウンチが落ちて広く散らかる

・スコップではうまくウンチを拾えない、時間かかってイライラする

・軟便のときは、ウンチの取りこぼしができる (軟便はめったにありませんが)

スコップの次は、ポリ袋に手を入れて手袋代わりにして取るようにしました。

ビニール袋は、なんでもいいんですが、キッチン用のポリエチレンの袋Mサイズぐらい。

一度地面に落ちたウンチを拾うのは、スコップと同じです。

問題点として、

・ウンチが落ちて広く散らかる

・いつも棒状ウンチが3~4本でるが、1枚のビニール袋で拾ってしまうのは難しい

・軟便のときは、ウンチの取りこぼしができる (スコップと同じ)

現在のウンチ取りの方法 <ウンチキャッチ>

ウンチ取りの方法をいろいろ考えて、ウンチを直接キャッチする方法に変えました。

ボールキャッチする子供のおもちゃのラケットをウンチ取りとして転用

100均で買いました。

ポリ袋をセット、外に折り返し洗濯バサミで止めたらOK

準備はカンタン!

散歩中は、左に手にリードと手さげ袋、右手にウンチキャッチ

momo がソワソワして、ウンチ姿勢になったらすかさずウンチキャッチをお尻の下へ

写真は実際に使っている時のようす。

momo は、ふんばっている時は動かないので、ばっちりキャッチできます。

下に落ちたウンチを拾う方法と比較して、直接キャッチできるのでとても楽チン。

取ったウンチは、そのままポリ袋の口を結んで、持ち帰って捨てればok

でも、1つ大きな問題があります。

100%キャッチできないということ。

momo は、最後のウンチが出るやいなやに、動きだします。

そのため、最後のウンチをキャッチできないことがちょくちょくあります。

4,5回に1回ぐらい。

ウンチキャッチの課題

一度落ちたウンチを拾うより、直接キャッチする方が、やっぱりいいですね。

なんとかウンチキャッチのキャッチ率を100%にしたいです。

このウンチが終わる間際のスタートダッシュが問題!

できるだけ最後はラケットをお尻に近づけます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする